top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

りそな銀行住宅ローン上限3億円。年末までの市場について。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今日は再び最高気温35度の予定です。

9月に入り不動産業界では業績が話題に上がります。多くの不動産会社が半期末を迎えるからです。営業マンと話をしていて販売状況が都内でも偏っているような気がします。東京の西側、目黒・品川・世田谷区の動きがよく東側江東・江戸川・足立などの動きが鈍いようです。西側の顧客は西側で新規に買い入れたりするだけでなく、保有する物件を売却して東急田園都市線の神奈川方面に移る潮流もあるようです。田園都市線の販売店の社員が東京西側の顧客に物件を取られて困っていると言っていました。支店間でも競争があるので本当に不動産業は大変です。ここからわかるのは、実需の顧客が現在の不動産価格が高いと判断しているという事です。東側の価格は給与所得者の買える価格を上回っていますし、西側の人の動きは都内の物件を売って郊外の良質な物件に移る動きで1次所得者が市場に入るのが難しくなっているような気がします。

同調するように、本日の報道ではりそな銀行が住宅ローンの上限を1億から3億まで引き上げます。残念ながら融資基準が緩くなるわけではないので、3億まで住宅ローンが組める人はとても少ないと思います。3億円まで使う顧客は少ないかもしれませんが、1億を超えるゾーンであれば需要はかなりあるでしょう。住宅ローン残高1兆円目標のりそな銀行の意気込みを感じます。

さて、需給ギャップが広がっている不動産価格、アダムスミスの神の手はどちらのサイドに軍配を上げるのでしょうか?株価は33000円が視野に入っています。為替は146円台で膠着状態。アナリストも152円までの円安を予想するところもあり(137円もありますが・・・)世界経済が金利・為替に大きく影響を与える局面になりそうです。

シッカリとレポートしていきたいと思います。宜しくお願い致します。

2023年9月5日

bottom of page