検索
  • J&H HOME

サブスクリプション価格比較から考える。

J&HHOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。朝晩の暑さは落ち着いてきました。

日中は相変わらず日差しが出れば暑いですね。

日本の物価が海外と比較して安いという記事をよく読みます。今日はサブスクリプションの

比較が出ていました。

アマゾンプライムは最高値がアメリカ2049円最安は59円のトルコ。日本は500円。

ディズニープラスは最高値はイギリス1292円最安、128円インド。日本は990円。

youtubepremiumは最高値、イギリス1939円最安は119円アルゼンチン

日本は1180円

先進国という言葉が正しくなくなってきていますが、その中では日本は安い国になっています。若者の中には海外のIPアドレスを使って安いサブスクを選んでいる人もいるといいます。使用に際しては法律に抵触しないようにご注意ください。

我々が気づかないうちに急激に世界はインフレが進みある程度の給与差がついて日本は若干の物価高はありますが、30年変化なし。この状況への見方は2分されると思いますが、

生き方の多様性がある国と前向きに捉えてご機嫌に生きていければいいですね。

不動産はどうなっていくのでしょう?金融相場に少し遅れて踊り場を形成し始めているように感じます。価格が頭打ちになっているような話題が増えてきました。

海外の物価上昇の状況でも給与もしっかりと上がっている状況がありますので、可処分所得比のサブスクリプション費用は上記より開いていないのではないでしょうか?

日本も給与の上昇が課題になっていると思います。

2022円9月6日

最新記事

すべて表示