top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

ジワジワ長期金利上昇。フラット35、5月の金利は?変動金利は?

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。ここ数日の雨もあって街は新緑が進んでいます。道路わきのツツジの花が咲き始め1年で1番美しい季節と言ってもいいかもしれません。

海外市場で為替の円安が進み昨日は154.85銭まで売られています。植田日銀総裁の利上げ発言もあり指標10年国債が黒田前日銀総裁のサプライズYCC誘導金利上げ(2022年12月)につけた0.90%に近づく0.89%まで上昇していますが円安は止まりません。米国債金利が高止まりしている事が影響してます。フラット35金利は10年債との金利差で換算すると1.95%程度になりますが、3月の日銀のマイナス金利解除で10年債が0.8%を超えた際4月のフラット35金利は機構の判断で4月1.81%が適用されました。機構が自社の儲け切り崩したのではないかと言われています。4月を基準にするとネット住宅ローン紹介サイト大手モゲレコは5月のフラット35金利を1.87%と予想しています。住宅ローン金利が8割が変動だから長期金利の変化は関係ないですが2年債金利も上昇しており植田日銀総裁の発言もあって上昇プレッシャーがかかっています。大手金融機関は10月まで変動金利を変更しませんが、ネット銀行は毎月見直しします。10月の金融政策はわかりませんが、ネット銀行を使う方は金利動向に注意して調べるようにしてください。金利だけでなく金融機関は行内ルールを非公式に変更して基準金利や返済比率を変更するケースもあります。ここ数か月神経質な状況が続きますので、詳しい不動産会社社員が重宝されるかもしれませんね。0.1%の金利上昇で5000万借入で月の支払いは2172円の変化になります。金利の上昇を闇雲に恐れるだけでなく1か月の返済の数字まで落とし込みながら商談を進める必要がありそうですね。GWは不動産が動きます。是非頑張りましょう。

弊社では「等々力パークホームズ」東小松川3全館空調新築戸建」「大森永谷マンション「ヴェレーナ浅草」東浅草土地2区画」(青文字リンクで物件概要にジャンプします、クリックしてください。)を販売させて頂いております。何卒宜しくお願い致します。 



2024年4月23日

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page