top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

ネットを駆使しても動くのは人。不動産業界の変化と不変なものについて。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。朝晩はまだ肌寒いですね。

早朝から子供が騒いでいるので何事かと思ったら大谷選手がホームランを打っていました。

好調なようですね。打たれたのは日本人菊池雄星投手でした。菊池選手はWBCには出ていませんでしたが、今日は6失点でしたが今年も好調のようです。海外の日本人の活躍、期待しています。今はネットで試合が視聴できるので便利な時代になりましたね。朝から叫び声は少し驚きましたが。

不動産業を営んでいると会社によって色があります。不動産免許には特に業務を特定するものはないので経営者が事業分野を決定します。具体的には賃貸・管理に特化するとか売買仲介への特化、仕入れへの特化などが挙げられます。何でもやればいいのですが、裾野が広いため結局薄く広くになりライバルとの勝負に負けてしまいます。自ずと今までの経歴の延長の業態になる傾向にあるようです。最近では会社と個人事業主として個人が契約することで

報酬を多くもらうスキームも出てきました。ネットで情報が共有できるので働く場所・時間も固定せず新しい働き方が不動産業界にも出てきています。功罪あると思いますが、お客様にも自社がどのような強みがあるのかをアピールすることが重要になっています。

街角の小さな不動産会社が多くの顧客に支持される可能性がある時代ですからその波に乗って頑張っていきたいと思います。しかしイメージばかりではいけないので安心・安全・迅速

な取引はどんな時代でも必要な要素ですね。一人一人のスキルを上げる事は常に大切だと感じています。

2023年4月10日

bottom of page