検索
  • J&H HOME

フラット35 10月金利、まさかの1.48%へ低下。

J&HHOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。週末は日差しが暑かったですね。

現地販売の同業者の皆様、日に焼けたことと思います。今週は週末にかけて20度を下回る

気温になるようです。といっても気温は低くても日差しは暑いので着るものが難しい時期ですね。

10月のフラット35の金利が発表されていますが、驚きの1.48%。前月比-.04%でした。どのように算出されるのかフラット関係者に聞いても教えてくれないのですが、

ご存じの方がいらっしゃったら是非教えて頂きたく思います。

先月は月序盤から米国金利の上昇を受けて日本国債20年債、30年債の金利は上昇が続いていました、22日の主要国政策金利決定会合が重なってからは急激な金利上昇に見舞われていました。ネットの次の月のフラット35金利予測も1.6%を予測していて私も0.08%の金利上昇はあってもおかしくないと思い、ブログにも転載させて頂きました。

そして10月1日。1.48%の10月金利が発表されました。勿論金利が低く抑えられたのは

消費者にとってはありがたい事です。我々も市場がようやく動き始たにも拘らずも金利が高くなってお客様の借入可能額が物件価格に届かずローンが組めない事もありますから金利が抑えられたのはチャンスです。10月に入りお客様の動きが良くなってきました。金利低下という追い風に乗りながら仕事を進めていきたいと思います。因みに都市銀行の変動金利また10年固定金利の変更はありませんでした。

2022年10月3日

最新記事

すべて表示