top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

ブログ950回。そして54歳の抱負。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。昨夜の雨は今は上がっていますが今日午後まで雨模様で気温も10度を下回るようです。その後雨が上がると気温は急上昇するようですので帰り道は朝の服装では汗ばむかもしれませんね。忘年会が続き免疫力落ちている方も多いでしょうからご自愛ください。今日でブログ950回。1000回までカウントダウンです。2021年の5月のオープン時から毎日書いてきたブログが1000回続きJ&H HOME(株)も4期目に入る事は喜ばしいですね。多くの方の尽力でここまできました。まだ道の途中です、通過点としてこの年末は少し来た道を振り返り反省と展望をしたいと思います。「誠実・熱心・謙虚」を軸に顧客目線を続けていきたいと思います。今大谷選手の入団会見を見ながらブログを書いています。レベルは段違いですがこちらも襟が正される気持ちです。

不動産業という大海を浮遊し続けるには日々業界の動きを探るだけでなく、日本経済の流れを知る事も大切です。そして世界経済の潮流を知らなければなりません。前職の金融市場での経験を活かして経営や営業の方針を時に仲間と時にお客様と共有しながら良い取引の為に邁進したいです。ネット社会になり我々中小の会社も大手に近い情報に触れる事が出来るようになりました。しかしながら毎日大量の情報を浴びる事はできますが、その情報の確度だったり顧客を的確に探し当てるマッチングの力量・想像力不足を感じざるを得ません。感じるのはネット時代でスピードが上がっている事、情報に誰でも触れられるようになったこそアナログ的な人間関係、チーム作りが重要だということです。スピードを上げるためには経験豊かな人材が周りにいなくてはいけません。また顧客の要望を包括的に拾い上げる為には幅広い人脈が必要になります。例えば、法律家、保険、住宅ローン、リフォームについては工務店や大工さんなどの専門家が当たると思います。不動産は衣食住という生活の3大要素です。なかでも一番コストがかかり資産として認めれているのが不動産です。その資産を守りながら生活コストと通じて顧客の方に提案できる会社を作っていきたいと考えています。入り口はHPを含めデジタル、そしてその後はデジタルを駆使してアナログな部分を蔑ろにしないで顧客に向き合いたいと思います。機械でできるような接客は排除してプロらしく2手3手先の営業を心がけなければ顧客との長い関係は築けない難しい時代だと思います。

今日は決意表明な内容になってしまいましたが、54歳にもなりましたし抱負を書きました。今後とも何卒宜しくお願い致します。 



2023年12月15日

 

bottom of page