検索
  • J&H HOME

世界は動いています。会社を取り巻く環境も変化しているはずです。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。英国のエリザベス女王が亡くなりました。在位70年96歳での逝去。国民のほとんどが女王から見て年下、まさに国の保護者が

居なくなったという事でお悔やみ申し上げます。朝からイギリスの知人にメールしていますが、皆沈痛な面持ちで女王陛下の人柄が国民に深く浸透していたと感じました。

70年といえば、いて当たり前の存在だったのでしょうね。ご冥福をお祈りいたします。

◎昨日は欧州中央銀行が0.75%の利上げを発表しました。インフレが収まらない事に対する処置ですが、もしこの利上げ日本で行われたらと思いシュミレーションしてみました。

住宅ローンが仮に3%に上昇した場合、5000万円35年の住宅ローンの返済は月192425円

になります。現在を0.5%(変動)とした場合月129792円、62633円返済額が変わってきます。年収で880万程度ないと5000万円が借りられなくなります。

日銀の政策が円安を産み出し日本の競争力が落ちると言われていますが、では日銀が10年債の誘導金利を外し金利が2%程度に上がった場合住宅ローン金利3%は十分視野に入ってきます。海外が1年前にはほぼ0%金利を採用していたことを考えるとインフレの恐ろしさを感じます。日本のインフレ率は2%程度ですのでまだ安定していると言えます。

◎東京都は2025年4月から新築住居に対し太陽光パネルの義務化を決まました。条例を制定して2年間の猶予を得ながら施行するようです。物件価格の初期経費が上がる事になるのでこの点も憂慮点です。

◎都心のオフィス空室率8月分が発表され6.49%でした。IT産業の集積する渋谷区の空室率が4.2%に低下。千代田区は4.92%と大きく低下しています。逆に中央区は新規の大型物件が満室を待たずに稼働し始めたため7.59%の空室率と前月比0.77%の上昇となりました。一時的な上昇なのか注視していきたいと思います。

今日は話題が盛りだくさんでした。週末天気もぐずつきそうですが、会社の運営も含め

考えていきたいと思います。

取り囲む状況が大きく変わって生きている可能性を十分考慮して運営をしていきたいと思います。

2022年9月9日



最新記事

すべて表示