top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

井上尚弥選手と経営と。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は雨。GW明けで今日からお仕事という方も多いと思います。雨は鬱陶しいですが、頑張りましょう。フレッシュマンの皆様もGWが空けて「五月病」といわれるメンタルが弱ってくる時期ですから前を向いて上を向いて歩きましょう。大きく息を吸えば気持ちもすっきりする気がします。(私はいつもやってしまいます。)

私は俄かボクシングファンで井上尚弥選手の試合だけは見てしまいます。自分を律し未踏の道を歩み続ける姿勢に感銘を受けています。1ラウンドにいきなりダウンしたのはびっくりしました。本人も驚いていたと思います。試合前のオッズでは1.18倍という90%の確率で井上選手が勝つと言われていたので会場も声援というよりシーンと水を打ったように見えました。流石なのはその後の気持ちの切り替え2ラウンドで相手ネリからダウンを奪ってからはいつもよりパンチを受けているように見えましたが(俄かの見方です。)相手を挑発したりして最終的にはチャンピオンの一人舞台。圧倒的強さでネリを破りました。誰もが楽勝を予想した試合でも勝負はやってみないと分からない典型が1Rでした。会社の経営において、楽勝という事は決してないのですがそれでも油断していなくてもハッと思うミスをすることがあります。サラリーマン時代は本気で反省し対応方法を考え次の仕事に臨んでいましたが、起業してからは反省と改善と次の収益性のある仕事を同時に行わなければならなくなりました。なかなか理解して頂けないかもしれませんが、お客様に申し訳ないと謝罪する思いをあまりに引きづると収益機会が無くなってしまいます。不動産は顧客に出会ってから契約するまで2から3か月かかります。失敗に固執しすぎると半年程度仕事が無くなり更なる反省をしなくてはいけなくなります。また1年後のビジネスは今日と同じではありません。将来を見据え行動するためのアンテナも張らなければいけないので下を向く時間はなるべく短くしなくてはいけません。反省改善をしないというわけでは全くなく「引きずらない」事が大事だと思っています。私は顧客に心底入るタイプなので切り替えが難しいですが経営者は使い分けができないと会社が大きくならないどころか潰れてしまいます。だから辛いときは上を向いて大きく深呼吸して歩きます。ノートは3分割されていて忘れていけない過去の失敗・現在の顧客状況・将来のビジネスの行方を同時に見られるようにしています。少しでも頭の整理が出来たらと考えました。5月10日でJ&H HOME(株)は本格稼働して3年が経ちます。今日は自分への反省と叱咤を込めてブログを書きました。井上選手や大谷選手そして夢を負い苦労してアメリカで野球を続けた筒香選手の帰国後復帰戦でのHR感動すると同時に頭を強く殴られた感覚、忘れないように記しました。がんばりましょう。

弊社では「等々力パークホームズ」東小松川3全館空調新築戸建」「大森永谷マンション「ヴェレーナ浅草」東浅草土地2区画」(青文字リンクで物件概要にジャンプします、クリックしてください。)の内覧販売会を開催しています。是非ご内覧ください。



2024年5月7日

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page