top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

今日のニュースからウクライナ停戦の可能性について。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。冬型の気圧配置で能登半島地震で被害を受けた地域を含め日本海側に大雪が降りそうです。しかし明日には冬型が崩れ暖かになります。金沢では最高気温が今日3度から明日は10度に上がる予報です。山沿いでの雪崩が懸念されています。非難されている方の平穏を祈ります。

日本の経済構造が変わってきていると報じられています。スタートアップへの銀行融資額が増えているようです。事業が黒字化するまでメガバンクの大型融資は受けにくかったのですが、現在では事業の中身を吟味して有望な産業には融資を付けるようです。ロケット事業が取り上げられていました。スタートアップに資金が入る事は産業を育てる為にはとても重要だと思います。2000年代のネット勃興期にgoogleやamazonが数兆円の資金調達をしながら長期で黒字化できませんでしたが資本市場が充実しているアメリカでは株式市場やエンゼル投資が資金を供給しました。日本は資金調達市場が育っていなかったことが今日の国力の差になっていると言われています。そういえばドイツにGDP が抜かれ日本は世界4位になると報じられています。スピードが必要なスタートアップ投資にメガバンクが動き始めているのは注目に値するニュースです。ダボスで開かれているウクライナ支援に関する会議でヨーロッパ各国が資金の追加援助に難色を示しているようです。すでにまとまった資金を使い果たしているとも言われていてこれから開かれるダボス会議でウクライナ・ゼレンスキーしと中国習近平氏が会談するようで資金面からの戦争の停戦が主題になるかもしれません。平和が訪れるのは素晴らしい事ですが停戦の条件で両国が折り合えるのかは全く不透明ですが、きっかけは何であれ戦争終結への道筋が付くことを望みます。コロナと共にサプライチェーンを寸断させてきた戦争ですから停戦をきっかけに世界経済が大きく動き出すことは2024年大きな要因になります。バイデン大統領も選挙の年ですから実績を作りアピールする必要があります。戦争が政治に利用されるのは憤りを覚えますが停戦するのであれば支持したいと思います。そうなれば世界景気は上向くことになると思います。日本の建築コストが過去最高に上がっている中で世界経済が回復していけば更なる高騰も予想できます。我々としてはリノベーション部門で職人さんの確保が急務になりそうです。しっかりと準備しながら平和が訪れるのを待ちたいと思います。

日本株は36000円まで上昇しています。資金が株に流入しています。現在の株高は景気の先取りではなく貯めこまれた資金が動いた初動にすぎないと思います。新規産業や企業融資などに資金が回り始めれば景気は長期にわたって上昇しますので、好循環に向けて国を挙げて動いて欲しいです。我々もしっかりと仕事をしていきたいと思います。



2024年1月16日

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page