検索
  • J&H HOME

住み方の多様性。働き方の多様性。

J&H HOME小野弘志です。東日本橋は曇り。今日は25度くらいまで上がるそうです。

今日は体育の日で国民の休日です。10月10日が「体育の日」と我々の年代は刷り込まれ

いますが10月第3月曜日が現在の規定です。1964年の東京オリンピックの開会式で設定された休日です。当日も朝まで雨が残っていたようですが開会式の時は真っ青な空になったそうです。「晴れの得意日」歴史を紐解いて設定した開会式の日程だそうです。

昨年の東京オリンピックは8月開催。世界のスポーツイベントに配慮して日付が設定され、

世界のテレビが放送しやすい時間帯に競技が組まれる。いつしか商業オリンピックに変化し

選手よりスポンサーよりのイベントになり便宜を計り逮捕者が出ているのも既報の通りです。 純粋なスポーツの祭典になるのは難しいかもしれませんが、選手の体調を1番に配慮したスケジュールになればいいと思います。

昨年のオリンピックもコロナ禍中に開催されましたが、コロナは我々の生活を大きく変えています。働き方の変化はコロナで大きく変わった生活様式の1つでしょう。リモートが浸透し出社の回数も少なくなると住む場所も変化します。コロナで不動産の価格が上昇して東京

の地価は90年代初頭バブルの価格を超えています。その波紋は地方へも波及しているようです。報道ではZホールディングは交通費の上限を撤廃し新幹線通勤や、飛行機での通勤の補助もするようです。東京で十分な広さが確保できない状況で高崎や前橋宇都宮の駅前に

高層マンションが建ち東京からの移住が進んでいるという記事もありました。

週に1回の出社で新幹線を使って1時間程度で東京まで行けるのであれば、さほどストレスもかからないようです。自然も近く人気で販売は好調なようです。東京の地価の上昇も、

流石に需給バランスが崩れてきているのかもしれません。来年に向けて物件の数が増える状況にも内容ですので、地方へのお引越しを考える人が増える事もあるでしょう。選択肢が増えるのは消費者にとってはいい事ですね。

2022年10月10日

最新記事

すべて表示