検索
  • J&H HOME

内覧販売会と今週の相場。

株式市場はJ&HHOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今日も内覧販売会開催します。

ファミール日本橋浜町公園・クリオ東日本橋。是非宜しくお願い致します。

https://jandhhome2021.wixsite.com/nihombashi/j-hhome%E7%89%B9%E9%81%B8

今週は株式市場が調整局面に入り、昨日は日経平均が年初来安値となりました。

国内のコロナの感染者数を嫌気していると報じられています。

海外ではアメリカ中央銀行(FRB)の前回のFOMCでの議事録が公開され、

量的緩和を年内に縮小する意見が多かった事が材料視されています。

コロナの感染状況は国際的に押さえつけられている状況にはありませんが、

米国の景気は雇用・物価ともに改善しておりFRBもインフレを抑える観点からも緩和縮小が適切と判断しているようです。 

ただ、株式市場は調整しましたが、債券市場・金利の市場は依然低金利が続いています。

10年債は今週は選手比0.04%低下しています。

我々は住宅ローンの金利の動向に注目しますが、日本国債10年物は0.005%と

最近の底値圏で推移しております。9月の住宅ローン金利も8月と同水準が予想されます。


さて9月は住宅ローン減税13年を新築住宅で受ける事が出来る最終月となります。

9月末までに契約しないと現行の法律では住宅ローン減税を13年受けることが出来なくなります。 

コロナで住宅ローン減税の13年拡充が延長される事も十分考えられますが、

いまだ法案は成立しておらず、この点での動きが出てくる可能性があります。

不動産の購入をお考えの皆様には是非金利や法律の動向にも注視して頂けたらと思います。

我々も精一杯お手伝いさせて頂きます。 宜しくお願い致します。

2021年8月21日


最新記事

すべて表示