top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

冬将軍到来。補助金とインフレ時代の資産防衛について。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。冬型が進み日本海側では大雪が予想されています。平地で50㌢山沿いで70㌢の積雪が予想されています。その地域の方お気を付けください。東京は乾燥していますので火の元を気を付けないといけませんね。

リフォームのお仕事をさせて頂いてて気づかなかった自治体からの補助金がある事を知りました。子育て世代に対して省エネ住宅を購入する際の補助金。ビンテージマンションの省エネの為に窓を2重窓にする補助金、給湯器を買い替える際の補助金が国、自治体から(都道府県・市町村)個別に補助されます。また古い木造住宅を建て替える際に測量や解体の補助金を出してもらえる自治体もあります。なかなか大きく宣伝されている補助金はないのでご興味のある方は是非検索してみて頂きたく思います。年ごとに新規予算を計算するところが多いので新年になって予算が多く残っている時を狙って申請する事をお勧めします。工事費の20%から50%を超える補助が出る場合もありますので役所に聞くと思わぬ補助金がある事が分かったりします。しっかりと税金を納めているので補助もしっかりと受けたいものですね。気づかないと損をする事は世の中多いのでそのヒントは専門職の人が知っているケースが多いので不動産であれば我々不動産会社にお問い合わせください。また保険など日々払い続けている商品も時期によって、もっと時代に合った、ライフステージに合った商品が出てくるので持ちっぱなしにせず数年に一回は見直すことも重要です。今後金利が上昇する際保険の適用金利も上がる事が予想されます。見直すことで年金などは利率が高い商品があるかもしれません。インフレ時代の資産防衛策一緒に考えていければと思います。2023年



12月21日

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page