top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

図太く、虎視眈々と生きていきたいですね。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。気持ちの良い朝です。今日は水曜日。

お休みの不動産会社さんも多いと思います。弊社は水曜日は残った事務作業をする日に

いつからかなっています。

エコノミスト誌の特集「電力が無料になる日」を興味深く読みました。発電しても使われず

消えていく電気が大量にあり200万戸分とも言われているそうです。この量の電気を作るのに化石燃料200億円分かかるそうです。無駄を省くべく企業が蓄電池を開発して電気の無駄を排することへのチャレンジを報じています。太陽光発電や風力発電などの更なる活用で本当に電力を無料にすることも可能な時代が来るかもしれません。地球温暖化を理由に世論は一気に化石燃料から自然エネルギーへ舵を切っています。環境を守るという大義があり

ますが、ルールチェンジをする事で新たな成長分野を作る政治的な動きがあるようにもみえます。資本主義を継続するためにも必要なシフトなのかもしれません。100年間石油を原料に技術が進歩して生活が豊かになってきましたが、成長の限界が見えてきたのでしょうか?車を例にとるまでもなく現在覇権を取っている企業の存続すら危ぶまれるどんでん返し

ですから安穏とはしていられません。逆にチャンスと捉え積極的に動く企業も現れてにわかに活性化してきているように感じます。現在大学生の子供を持つ親として彼らが生きていく

今後の社会がどうなっていくのか、その中でどのように生き抜いていくのか親としては心配

になりますが、ダイナミックな時代の到来は羨ましくもあります。少なくとも大手企業に入社すればゴールではないので図太く考えを巡らせて生き抜いていってほしいと思います。


2023年6月7日

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page