top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

契約は有難いですが、大きな責任を伴います。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。今日は現地販売の傍ら契約書作り。勤労感謝の日とは、働かせてくれてありがとうと感謝する日なのかもしれませんね。ノートパソコン、ポケットwifiがあればどこでも資料作りができるのですから、有難いです。その分サボれませんけれど。日曜日は町会の餅つき大会なのですが、契約と重なってしまい出られなくなってしまいました。餅つき大会出たかったなあ。お仕事があるだけ有難く思いたいと思います。町会の皆様すみません。

重要事項説明書・契約書の大切さは取引を重ねる度に身に沁みます。多くの実務者・法律家の経験が詰まった16ページだと感じます。特記事項は時に保全を取りすぎているのではないのかという気もしますが、可能性を排除し円滑な契約とその後所有権が移った後も新所有権者が円滑に不動産を活用できるために売主買主そして仲介がつくる大事な書面です。その中でも契約不適合責任についての項目はとても大事な部分です。数年前まで瑕疵と言われていたものですが呼び名が変わりました。契約不適合責任とは契約したものが当初の目的を果たせない時の責任の所在を示しています。地中埋設物は最たるものではないでしょうか?土を掘ってみないと何が潜んでいるかは分かりません。万一建築に支障をきたす埋設物が出てきた時は売主は誠意をもって対処切除する事を契約書は謳っています。2年間の期間にわたり売主に責任を課すものですからとても重いです。品質が保証されない時は、先ず修補、取り除き元に戻すことが求められます。そして減額請求、品質が戻せない場合価格を見直す事になります。そして解約、起こってはならない事ですが売主、買主が当初の目的を達せられない場合両者の合意を持って合意解約となります。売主、買主の責任を取り持つのが仲介の仕事です。法律的な事のフォローをしながら両者の考えを成就できるように動きます。当事者の誠意ある行動を法律は求めています。順調にいかない時もお互いの思いやりが必要になります。一方的な主張では落とし所が見つかりません。闇雲に時間を掛ければ合意はより難しくなり裁判ともなると長期の工事不能の時間が必要です。大切な資産をお守りするためにも不動産仲介業者は真摯に向き合う必要があります。私は社是である誠実・熱心・謙虚を旨に向かっていきます。何卒宜しくお願い致します。


2023年11月23日

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page