top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

宇宙戦艦ヤマト 映画が再上映されます。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今日は1日桶川で作業でした。リフォームも佳境に入ってきました。勿論業者の方も入りますがこれから洗面やお風呂トイレなどの水回り一部クロスを張ったりします。イメージしたものが現実になる事はいつも楽しく感じます。

金曜日から3週間限定で「宇宙戦艦ヤマト」が上映されます。私は世代なのですが、来月5日から上映される「さらば宇宙戦艦ヤマト」を劇場で見たことはありますが、宇宙戦艦ヤマトはテレビの再放送で見たことがあり劇場では見たことがありません。今回は4Kでの上映ですので楽しみです。古代や森雪・沖田艦長・徳川院長や真田さん・アナライザーなど公開50年経っても私の記憶から消えない名作だと思ってます。確かに宮崎駿監督が言うように生産を生まない家族が語られない戦争賛美の映画かもしれませんがデスラーという悪役にも人格が与えられたのはアニメ史上画期的な事だったと思います。勧善懲悪のストーリーですが登場人物個人個人にストーリーがあるため没入できます。私も40年前に見たのでとても楽しみです。最近リバイバルのアニメや映画・ドラマが多く作られていると思います。「東京ラブストーリー」がネットで配信されたり「あぶない刑事」も当時の出演者でリメイクされるようです。上条署長が亡くなられたのは残念です。海外からもロッドスチュワートやビリージョエルなど往年のスターが来日コンサートを行います。テレビ・映画・コンサートも我々のような中高年がお金を落とす世代なのでしょうか?それともたまたまなのでしょうか?楽しみではありますが、若い人のテレビ・映画離れがあるとすれば体験型の消費が叫ばれる中でうまくワークしていないのかもしれませんね。それだけZ世代から団塊ジュニアの我々とは指向が異なるのでしょうか?不動産の販売を生業とする我々は現在はそこまで世代間の違いを感じませんが今後仕事の進め方も含めて考え方を変えなければならない時代が来るかもしれませんね。



2023年12月6日

bottom of page