top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

明日らから日銀決定会合。金利の行方は?都心の中古マンション価格15000万円!?

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は小雨。本日は終日雨模様の予報です。最高気温も18度と、最近では低く日差しもないので寒く感じそうです。体調管理気を付けましょう。

明日から2日間、日銀は政策金利決定会合を開催します。円安が進む中で日銀がどのような判断をするか気になります。市場では3月に政策を変くしたため変更はないとの見方が一般的ですが植田総裁の記者会見での発言にも注目が集まります。先週まで下げていた株式市場は今週に入り戻しています。日経平均は本日37900円レベルから始まりそうです。不動産関係者は為替水準や金利が気になります。固定金利の指標である10年国債金利は昨日0.88%、為替は154.75円程度で推移しています。ニュースでは麻生自民党副総裁がトランプ前大統領とNYで会談しトランプ氏は「ドル高は製造業に悪影響を与えている、海外に工場が移り空洞化が進む」と懸念を示したと言われます。「まじトラ」になれば日本は相応の対応が求められそうです。トランプ氏の票田の層が苦しんでいるためかなり強い要求が来ると思います。

東京カンテイが23日発表した3月の中古マンション平均売り出し価格は都心(千代田・中央・港・新宿・文京・渋谷)で70㎡当たり1億5007万円でした。前月比1.1%、前年同月では13.1%の上昇です。在庫が少ない事が価格の上昇に寄与していると東京カンテイでは分析しています。一方神奈川、埼玉は1%強の値下がりとなりました。都心のみが上昇している事が分かります。都内でも地域によって購買心理が変わっていると感じていたので指標はマインドを肯定してくれています。購入を希望されている方は以前多いです。その殆どの方が住宅ローンを組むため借り入れ可能額や月の返済額などで購入を躊躇しているケースが多くなっていると感じます。相場の頭打ち感を感じています。物件ごとの比較がとてもシビアになっていると感じます。すぐに変動金利の金利が上昇し続けるという環境ではありませんが金融機関も競争が激しい中で低金利を主導しているネット銀行が事務手数料だけで稼ぐビジネスモデルの変更を模索しているといいます。お客様も我々も真剣に向き合わなければいけませんね。日々勉強です。

弊社では「等々力パークホームズ」東小松川3全館空調新築戸建」「大森永谷マンション「ヴェレーナ浅草」東浅草土地2区画」(青文字リンクで物件概要にジャンプします、クリックしてください。)を販売させて頂いております。何卒宜しくお願い致します。 



2024年4月24日

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page