top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

本当に「全館空調」が必要だと現地販売会で感じました。

J&H HOME(株)小野弘志です。東小松川は晴れ。今日は東小松川3丁目で「Z空調・全館空調新築戸建て」の内覧見学会を開催しています。今日も暑いです。今日内覧発表会の不動産会社の皆様、熱中症対策をして頑張りましょう。

今日の暑さも尋常でなかったですね。車を現地に止めて内覧者の方をお待ちしていました。

建物は2号棟3号棟が上棟を終え、いよいよ「全館空調」の建物が立ち上がります。

先日全館空調を体験したのですが、玄関ドアを開けたその時から屋内の室温は調整されています。その際24℃に設定されていてヒンヤリ感じました。締め切った空気が籠って屋内は外より気温や湿度が高い事があります。「全館空調」はそれがないのです。玄関を上がって

洗面に向かう際も、トイレに入る時も室内の温度は殆ど変わりません。その上最大99%のウィルスを除去できるフィルターが付いています。(後付けの専用フィルター使用時)お子様を屋内に残してお買い物に出られる際も、またペットを1日屋内に置いて会社へ行くときも安心ですね。オプションの一つと考えられていた「全館空調」ですが今年の暑さを思うと

必須になる気がします。断熱が行き届き建物は魔法瓶のように密閉性が高いです。また24時間2台のクーラーで全館を冷やすため(または温めるため)電気代は抑えれる統計が出ています。インフレの今年の日本、今後の日本に必要だとさらに感じています。東小松川3丁目では直ぐに体感は出来ませんが、近くの物件で体験できます。日本の気候変動が現実になっている今だからこそ「全館空調」ご体験ください。

2023年8月20日

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page