top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

柳家小もんさんと学習院落研。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。蒸し暑い朝です。

昨日は町会活動で落語会を開催しました。過去は大学の落研に公演をお願いしていたのですが、コロナ禍で活動が過去3年間できなかった事で部員が集まらず公演が難しいとの申し出がありました。聞いてみると現在部員は6人。折角のご縁を切らすのもよくないと思い色々調べてみると同落研卒業生に2つ目の落語家がいらっしゃいました。プロの方が1町会の為に来て下さるが疑問でしたがFacebookで連絡を取ると状況を理解して下さり出演を快諾して下さりました。ネット社会だからできた縁ですね。学生さん達も予定を合わせて下さり昨日は2時間近い楽しい時間を過ごせました。運営も多くの方のお手伝いを頂きました。一人では決してできないのは仕事でも一緒ですね。うまくいっているときは自分の手柄と考えてしまいがちですがその裏で多くの方に支えられている事を再認識する1日でした。

今回忙しい中公演を快諾下さった落語家さんは「柳家小もん」さんです。プロの話は流石に桁が違いました。観客もみるみる引き込まれていきます。圧が違いました。オーラというのでしょうか?ライブでしか味わえない感覚です。50人程度の小さな会だったためマイクも使わず言葉の力をより感じられたのかもしれません。「柳家小もん」さんがこれから出世され大師匠になると予見しました。聞くと噺家の世界では50歳で真打になるのが最短なようです。息の長い仕事ですが下積みも大変だったろうと推察してしまいます。私たちも50歳からの起業ですから重ねてしまいました。まだまだこれから。楽しく真剣に日々を暮らし働こうと誓いました。

2023年9月17日


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page