top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

桶川リノベーション計画と本日の日銀政策金利決定会合について。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今日は寒かったですね。今朝から桶川に行っていたので更新が遅くなりました。桶川の気温も10度程までしか上がらず、リノベーション途中の物件の中はとても寒かったです。私は戸建のリフォーム経験があまりないので家の構造を学びながら作業をしています。昔の家は基礎が土の上にダイレクトに作られていて床を剥ぐとすぐ土がみえて驚きました。今回は土に耐熱シートを張って更に床下に断熱ボードを入れて過ごしやすくしています。お客様に少しでも喜んで頂きたいですから一生懸命作業しています。完成が楽しみです。

今日は日銀の政策金利決定会合が行われ現状維持で為替が144円台に振れています。7日の国会答弁でのチャレンジグになるという発言の趣旨は伝わらずじまいでした。海外の状況が思ったより大きく金利低下に動いたため今後の市場の見極めが必要だと判断されたと識者はみているようです。マイナス金利解除の時期は春闘や世界情勢を見ながらの判断になると予測されています。マイナス金利解除のリスクが外れたことで株が買いやすい環境になったので株価は前日比400円以上上げていました。

やれやれこれで不動産市況も金融面からの圧迫は一時凌げたと言えます。円高が進むと海外投資家の手が止まると言われていますが為替も一旦円安に戻しているのでマイナス要因が少なく年を超えそうです。次は来月の国会再開時審議されると思われる住宅ローン減税が拡大するのかというところになるのではないでしょうか?先日りそな銀行は買い替えの住宅ローンを発表しました。現在ローンを持っていて新しい家を購入希望の場合、1度買う前に物件を売らないとローンが借りられないのですが、りそな銀行の商品は住宅ローンが残っていても新居購入1年以内であれば住宅ローンが組めるということで購入者にとってありがたい商品となります。勿論購入する方の返済比率が増えるのではないのですが、急いで売らなければならないケースを避ける事が出来るオプションが増えました。金利でネット銀行に競争を避ける一般銀行が増えている中でアイデア商品が出てくることは選択肢が増えるためありがたい状況と言えます。

来年も購入する方が安心して契約できるように不動産に関わる業界が意見を出して新商品を作って頂けたらと思います。我々は商品を勉強してしっかりとお客様にご紹介させていただきます。



 2023年12月19日

 

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page