top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

米雇用統計と日本の住宅ローン金利について。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り、昨夜の雨が少し残っています。今日も15度程度までしか上がらない予報。先週は25度を上回ったのが考えられません。その分桜が持ってくれるのでうれしいです。なんとNYで地震があったようです。マグニチュード4.8。大きな被害は報道されていませんがNY州の知事は過去100年間で東海岸で起きた最大の地震の一つと注意を促しています。耐震についての規制がほぼないアメリカ東海岸。震度がどのくらいあったかは分かりませんが、昨今スレンダービルが流行の欧米で今回の揺れがどの程度地上400mで揺れたのか気になります。スレンダービルとは幅と高さの割合が基準となります。NYセントラルパーク脇に立つ11w57は1:24で世界最細だそうです。東日本大震災時の横浜ランドマークタワーの最上階のレストランでの揺れの映像は衝撃的でした。左右に5m程度揺れ幅があったと言われています。NYの建物は震度の差さえあれ耐震基準が全く異なる中でどの程度の幅で揺れたのでしょうか?今後の不動産価値も含め気になります。

昨夜発表されたアメリカの3月の雇用統計は20万人増の予想を上回る30.3万人増と発表されました。株式市場は上昇で反応、おとといの下げ幅まで回復できませんでしたが、Dowは307ドル上昇Nasdaqも199.44Pt上昇しました。日経平均先物は322円高39315円で引けました。雇用統計を受けて5月のFOMCでの利下げ予測はほぼなくなった模様です。勿論今日現在の観測です。今後CPI等指標を見ながら上下する事になります。しかしながら根強いインフレ懸念が確認されたことに変わりはなく株式市場ではFedの金利政策への注目が高まりそうです。昨夜Frb理事2人がインフレ懸念について言及しています。

昨日金融機関の方が住宅ローンの説明に弊社へお越しくださいました。マイナス金利解除を受けて変動金利の上昇が心配されましたが4月の変動金利は落ち着いているというより下がっている気がしました。金利の水準では競争できないためペアローンで片方の債務者が無くなった場合物件自体の債務が免除される商品や40年50年ローンも多くなってきました。各金融機関ごとに特色が異なるため常に調べていく必要があります。不動産業者も商品知識で成約に差が出ると思います。

弊社では今週も「東小松川3全館空調新築戸建」「大森永谷マンション「VIP日本橋浜町リノベーションマンション」「ヴェレーナ浅草」東浅草土地2区画」(青文字リンクで物件概要にジャンプします、クリックしてください。)を販売させて頂いております。この機会に是非ご内覧ご検討ください。 



2024年4月6日

 

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page