top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

資産防衛のお手伝いも不動産業の使命です。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今年は雨不足ではないかと心配になります。農作物の生育やダムの貯水量も気になります。景気に水を差す事がないようにそろそろ一雨欲しいところですね。ネットで調べたところ7月は1日と14日以外雨は降っていません。気温は7月1日5日以外30度を超えています。記録的な暑さの月だったきたします。

暑さの防衛が必要な8月となりそうです。暑さに負けないよう頑張りましょう。

明日から8月。日銀のYCC誘導金利で変更が予想されそうなフラット35の金利は日銀の変更がほぼ月末だったため(変更後の営業日1日)予想は7月とほぼ同等の1.73%が予想されています。本日日本国債10年債の終値は0.6%で引けています。9月適用金利は上昇は避けられないです。実際今購入を検討している方は最短でも今週中に契約まで持っていく事が8月の金利適用には必要となります。弊社では住宅ローンの事前審査を推奨しております。事前審査で決定された融資額は原則6か月から1年有効になります、(金融機関による)日本も

世界の国のように大きく金利が動くことは直ぐにはなさそうですが、長期金利に連動する固定金利の上昇は始まっています。インフレ時には資産の防衛のために早めに動くことが必要と言われています。インフレで価格が上昇するという事は今日より明日の貨幣価値が下がる事と同義です。資産を守るための準備として欲しい物件が出たらすぐ動けるように住宅ローンの事前審査を強くお勧めしております。住宅ローンの団体信用保険は生命保険の要素も含みます。現在加入している保険を団信に入っている事を含めて包括的に見直すことも必要になってきます。見直すことで月の支払いがトータルで可視化されることも住宅を買われる際に行っていただきたいものの一つです。弊社ではフィナンシャルプランナーによる家計診断も行っておりますので是非ご活用いただきたいです。インフレに強い商品として不動産・株などが挙げられます。ポートフォリオを上手に組んで貨幣価値が目減りするインフレ局面の防衛のお手伝いをしていきたいと思います。何卒宜しくお願い致します。

2023年7月31日

bottom of page