top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

通風を克服する方法を考えています。

更新日:2023年8月22日

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。しかし毎日暑いですね。

暑いとビールがおいしいです。私も先月まではメジャーなビール会社の製品や夏限定商品、流行りの全国で作られるクラフトビールを毎日飲んでいました。暑かったですもんね。

味わいが変わるため沢山飲めてしまいます。7月。通風になってしまいました。通風は暴飲暴食に対する体の悲鳴とよく言われますが、遺伝のケースがほとんどのようです。通風になったと周りの人に話すと大体の人が「あーっおいしいもの食べすぎですからね」とどこか冷やか若しくは半分笑顔で心配してくれます。足が腫れあがってズキズキしてお医者に罹ってもお医者様すら半笑いだったりします。でも殆どは遺伝だそうです。私の場合残念ながら親戚を含む家族に通風の人がいませんでした。私は通風少数派の暴飲暴食型だという事が判明しました。ならば半笑いでの対応も仕方ありません。自分で欲望を制御できない認定されますね。加えて言えばなんとこの1ヵ月で2回も発症してしまいました。流石にこれはいけないと思って戒めの為にもブログに書く事にしました。詳しい方がいれば是非教えて頂きたいのですが、通風は血管の中に尿酸結晶が出来て発作を起こし関節などに炎症を起こす事で痛みが出るそうです。その為、結晶が出来ないような食生活を心がける必要があります。プリン体が影響を及ぼしますのでなるべくプリン体の含有量の低い物を接種する必要があります。リストを見ると多種多様な食材に多くのプリン体が含まれています。これを排除するとなると別の病気にかかるか栄養失調になってしまいそうです。それでは本も子もありませんね。リストの欄外にはストレスも原因になると言います。どうしてストレスが結晶を生成

するか分かりませんが、ストレスなく少食を貫くと突き詰めれば動かず寝ていろ!という事になりそうです。論理が飛躍しすぎてますが実は本当に悩んでいます。この殻だとつきあっていかなくてはならないので。ゆっくりと考えていきたいと思います。今日は何の身もない口ブログになってしまいました。

2023年8月21日

bottom of page