top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

23区新築マンション価格平均初の1億円越えについて。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。現在28度。過ごしやすく感じます。

東京23区の6月平均マンション価格が初の1億円を超えたとニュースになっていました。

Bloombergの報道では

「東京都内の新築マンション価格が1-6月に過去最高を塗り替えた。高級物件人気などに伴う値上がり傾向に拍車がかかっている。不動産経済研究所によると、東京23区内の新築マンション平均価格は1-6月に前年同期比60%上昇し、1億2960万円となった。同研究所が集計を開始した1973年以降で、価格はこれまでの記録を更新した。不動産経済研究所の上席主任研究員、松田忠司氏は「ここまで極端な価格になることはない」と述べ、その理由として東京都心で年初に一握りの高価な物件が売り出されたことがこうした値上がりの要因だと説明。「全体で見た場合は緩やかに上昇するという流れが続いている」と語った。30年余り前の不動産バブル崩壊以来、低迷が続いていた日本の不動産価格は、人件費や原材料費の高騰で上昇。供給は減っており、東京23区の発売戸数は1-6月に9%減少した。松田氏は東京都心部の地価の高さと高級マンションの売れ行きの好調さにも言及。富裕層の生活習慣が変化し、アジアの富裕層が物件購入のため日本を訪れるようになったことから、都心部での高級住宅開発が増えている。首都圏の新築マンション価格も1-6月の平均で8870万円に上昇。歴史的な高値となった。」

といいます。平均価格4億円の三田ガーデンヒルズの400戸が完売したことが全体の平均価格を上げたと言われています。昨日お会いしたディベロッパーの営業の方の話でも海外からの需要は引き続き高く国内不動産ファンドの動きも活発で想定利回りが低めでも取引が付いているようです。以前中国マカオ・香港・台湾からの需要が高いようです。

2023年7月21日


最新記事

すべて表示
bottom of page