top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

3年ぶりの人間ドックと政治の不作為。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今日は暖かでしたね。今日は朝から3年ぶりの人間ドックに行ってきました。前職の時は毎年強制的に受けていたのですが、起業して時間がないと言い訳して行っていませんでしたが、流石に家族に強制的に予約させられ行ってきました。胃の内視鏡を鼻から入れたのですが前よりはすんなり入った気がしました。技術の進歩は凄い。過去内視鏡検査を受けた時は涙と嗚咽で画面を見られなかったのですがお陰様で人生初体の中を映像で見る事ができました。生の胃はヒダヒダが沢山ありホルモン酒場を思い出しました。一つポリープがあってその場で摘出して検査に回すことができました。少し心配でしたが問診では問題ないのではと言われ安心しました。この3年通風になったり、尿道結石になったりしたので結果が怖いですが、怖がらずに受診した方がいいですよね。仕事を言い訳にせずしっかりと受けようと思いました。しかし5㎜身長が縮んでいたのはショックでした。

昨夜のアメリカ株式市場はインフレ指標が予想を下回る結果で上昇。日本株も33000円を回復しました。本日発表された12月の企業短期経済観測調査(短観)によると、大企業製造業の景況感は3四半期連続で改善しました。非製造業も32年ぶりの高水準を更新したほか、中堅・中小の製造業もプラスに転じました。業績回復に伴う企業の景況感改善は、日銀の金融政策正常化に向けたプラス材料との見方が出ています。景気が上向いてきていますが、政治の混乱は続いていて安倍派5人衆は+1人は全員交代のようです。報道機関は更迭という言葉を使っていたのですが交代に変わりました。更迭と交代はどのように違うのでしょうか?上から言われるのと自分から辞めるのの違いでしょうか?来年は選挙・政治の年ですから政治の不作為で景気の腰骨を折る事だけはして欲しくありませんね。デフレからの脱却の最終ステージですから安定的な景気拡大に導くためにも国を挙げて動いて行きたいものです。政治・選挙の話になるとどうしても相手を悪く言う傾向があるのでポジティブな政策の話をしてもらいたいです。 



2023年12月13日

 

bottom of page