top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

4月ごろマイナス金利解除観測。住宅ローン、資産防衛。お手伝いさせてください。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今日は冷え込んでいます。屋外での作業の皆様、体調管理気を付けてください。

日銀の植田総裁は昨日行われた金融政策決定会合後の記者会見で物価2%実現「確度は少しずつ高まっている」と発言しました。市場ではマイナス金利解除が近づいている事を印象付けていると判断しています。4月にも解除があると予想するアナリストが多くなっています。会見で植田総裁はコアCPIが2回連続で1.9%となったことを根拠に挙げて「基調的な物価上昇率が高まっている事を素直に表現した」と説明しました。これを受けて為替は148円台から146円台へ急騰しましたがその後LDN・NY市場で148円台まで戻しています。

日銀がマイナス金利を解除した場合、住宅ローン金利はどうなるのでしょうか?一般的に変動金利は4月と10月に金利の見直しが行われます。4月中の政策変更があった場合でも影響を受けるのは10月からとなります。金融機関によっては毎月変更される場合もありますので専門家への問い合わせをお願い致します。弊社でも対応いたしますのでお問い合わせください。

米国共和党の大統領候補予備選では2州目の選挙がニューハンプシャーで行われます。圧倒的にトランプ前大統領の支持が高くなっています。トランプ氏が共和党候補に挙がれば世界の地政学に変化が起こりそうです。ウクライナ戦争にも消極的なトランプ氏。米国民がどのような民意を選ぶのでしょうか?秋まで長い選挙戦が続きます。

弊社の売り出しは「フジタ早稲田マンション」「東小松川3全館空調新築戸建」「大森永谷マンション」「狭山入曾新築戸建」(青文字リンクで物件概要にジャンプします、クリックしてください。)現在4件。昨日も問い合わせが狭山、大森永谷マンションでありました。1月下旬に入って動きが出てきています。しっかりと対応していきたいと思います。

今年は株価が年初来高くなり投資に目が向いています。物価もジワリと値上がりしておりますし資産の防衛が焦点になっています。賃貸マンションでの生活に対しての疑問から不動産や株式への興味がでてきたり、ライフプランを可視化したいというニーズが増えています。インフレ下で金利が上昇すれば現金は1年毎に目減りすることになります。勿論賃金が上昇すればいいのですが全員というわけにはいきません。それでも個人個人がご自身の資産の防衛を考える事で不安な将来が少しでも明確になると感じています。我々は不動産会社ですので、そのほかの企業とも連携を取ってお客様のニーズに答え資産の防衛という視点でのお手伝いもさせて頂けると思います。 



2024年1月24日

 

bottom of page