top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

5月業績いかがでしたか?厳しくなる不動産業界。株価は好調なのですが。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。お天気は明日までの予報です。来週は1週間雨の予報。梅雨入りでしょうか?

株価が昨夜の市場でも高騰して31500円を付けています。為替が円安に進み140円台に乗せたことで企業の業績が上がる事を好感したようです。とはいえ輸入価格の上昇は更なるインフレを招くことになります。植田日銀総裁も黒田前総裁の低金利政策を踏襲しているので

今回は実体経済からYCCを含む低金利政策を見直すよう市場から問いかけられているともいえます。昨日10年国債の終値は0.415%と落ち着いているように見えます。6月の15、16日に開催される次回政策決定会合に向けて何らかのメッセージがないと為替は再び145円を目指す可能性も出てきたと日経新聞も報じています。4月に就任した植田総裁の手腕が問われます。

5月も後5日。不動産関連の方はどんな月だったでしょうか?戸建の不振、都内の仕入れの難しさの話が目立った月でした。反対に築古のリノベーションマンション、地型が悪い土地

にアパートを建てる用地は好調だったようです。また訳あり物件の仕入れ売り上げは好調だったようです。一手間を加える腕を持っている営業マン・会社が好調を保っているようです。事業規模で数を重ねる大手と卓越した分野を駆使していく中小の会社が生き残っていく

そんな図式がより明確になった月だった気がします。厳しくなる不動産業界。次の一手を探りながらの経営が続きます。

2023年5月27日

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page