top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

997回 2月のフラット35金利が発表されていいます。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。現在の気温は10度。今日は2月1日。東京の私立の中学受験が多くの学校で行われます。お子様が中学受験という方もいらっしゃるのではないでしょうか?頑張って下さい。

2月のフラット35の金利は1.87%となりました。指標10年国債金利がマイナス金利解除観測で1月通じて0.7%近辺でしたので12月金利に近くなりました。またメガバンクも10年固定の住宅ローン金利を引き上げています。三井住友銀行は1.14%、みずほ銀行は1.45%りそな銀行は1.66%になりました。三菱UFJ銀行は0.86%に金利を引き下げています。メガバンク毎、思惑が違うようです。三菱UFJ銀行の動きは興味深いです。ANAHD(全日空)の営業益が過去最高となるなど好調な企業決算が発表されています。報道でも春闘の賃上げレベルは昨年を上回るといい日銀のマイナス金利解除も3月から4月というのが主流となっています。金利がある世界がいよいよ日本にも押し寄せてきます。資産防衛が我々一般の国民にも重要になってきます。

国土交通省は31日マンション管理組合が規約の作成時に参考となるように定めた「標準管理規約」の改正案を公表し、宅配ボックスの設置に関して区分所有者が決議する際、出席者の「過半数」の賛成があれば可能だと明記しました。またマンションの駐車場に設置するEV用の充電設備についても、設置を求める場合には「普通決議」(過半数)で可能になりそうです。人手不足、省エネという流れに則った動きです。不動産業界も社会の情勢に合わせていく姿勢だと思いました。

国際的には昨夜FRBはFOMCを開催しました。FOMCは声明でFRBはインフレが徐々に鈍化していることや底堅い経済を背景に、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を予想通り5.25─5.50%で据え置きました。ただ、声明ではインフレ率がFRBの目標である2%に向かって持続的に動いているという確信が深まるまで、金利を引き下げることが適切であるとは考えていないと表明。早期利下げを見込んでいた市場参加者の期待をくじきました。3月の利下げ観測は後退しています。この結果を受けて株価は急落。DOW・Nasdaqは各々0.82%、2.25%下げています。今朝の日経平均株価の寄り付きも36000円を下回りそうです。 



2024年2月1日

 

bottom of page