top of page
検索
  • 執筆者の写真J&H HOME

Trick orTreat YCC上限緩和はいたずら?お菓子?

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇り。皆さんお風邪などひいてませんか?急に涼しくなりコロナやインフルなども子供を中心に流行しているようです。私はそこまでではないのですが、少し怠いです。

先週あたりから日本の株が下がり30000円台まで下がっていて日銀の金融政策の変更を新聞紙上を賑わせていました。為替が150円台の円安水準から動かなくなっている事も推測させる根拠になっていました。今日の日銀決定会合でYCCの金利水準を現在の上限1%から1%超は柔軟に変更されると日経新聞が報じています。この報道を受けて為替は80銭ほど円高に振れ149円10銭程度で推移しています。株式は昨日も大きく下げましたが昨夜の先物も米国株がDOWで500ドル超値上がりしている中で110円のマイナスとなりました。私は今回のYCCの水準変更は考えていなかったので懐疑的ですが、日経新聞の1面が報じるのですから余程の筋からの情報でしょう。今日お昼頃の結果発表そして3時からの記者会見が注目されます。

日経新聞と言えば最終面の「私の履歴書」が有名です。今月は元住友信託社長の高橋温さんでしたが、来月から前日銀総裁の黒田東彦さんになります。高橋さんはバブルの大掃除である長期信用銀行の合併を国に圧力をかけられながら会社を守った話や、三菱銀行が東洋信託の合併先に急に現れた話など現場のライブ感が伝わる文章で毎朝楽しみでした。さあ2013年からのアベノミクスの立役者、現在の異次元の金融緩和を牽引した黒田前日銀総裁はアジア危機の時の超円安に立ち向かった日銀マンでもあります。どんなお話になるかとても楽しみです。

明日から11月。あっという間の2023年。残すところ2か月、不動産は10月低調な気がしましたが、動きが今後出てきそうな芽は感じています。金融政策の変更と共に不動産市場がどのように動くのか、仕入れの問題や融資の金利にも影響が出てきます。難しい経営判断が求められそうです。

今日はハロウィン。すっかり定着したこのイベントですが大人が羽目を外しすぎるのは閉口しますが、子どもたちが仮装して町を歩くのは微笑ましく思います。本日近くの保育園の園児が弊社の前で止まってくれるというのでおやつを提供して(内容も事前にチェックされるのは現代的ですね。)楽しみたいと思います。疲れた時は子供達の笑顔癒されますね。皆様も体調には十分ご注意ください。週末は気温が25度を上回ると言われています。体調管理本当に難しいです。

2023年10月31日

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page